治療で下肢静脈瘤を退治|信じることが大事

医者

胆管に出来るがんを治療

病室

胆管がんは早期に発見する事が難しい病気である為、毎年の健康診断や人間ドックに加えて、その他の検査を行う事も必要です。胆管がんになりやすい人の特長に当てはまる人は、生活習慣や食生活を見直す事も大切であり、初期症状に気付く事も重要です。

もっと読む

在宅での看取りを実現

患カウンセリング

世田谷区にも在宅医療制度はあるので、対象者になっているかどうか不明な場合はかかりつけ医や病院の連携室職員などに確認するようにしましょう。また、高額な医療費負担を考えてしまい在宅医療を受けることをためらう人もいますが、公的な制度を活用することでこの問題を乗り越えることは可能です。

もっと読む

瘤状に膨らんだ血管

横になる男性

弾性ストッキングの着用

仕事などで、立ち続けたり座り続けたりする機会の多い人は、それだけ足が上半身の重みで圧迫されます。それにより血液が胴体へとスムーズに流れていかなくなり、血液がたまって、ふくらはぎの血管が瘤状に膨らむことがあります。これが下肢静脈瘤で、進行した場合には、膨らんだ血管での血流を止める治療が必要となります。しかし軽度の場合は、弾性ストッキングを着用するという手軽な治療で、改善することが可能となっています。弾性ストッキングによってふくらはぎにまんべんなく圧力がかかるようになれば、一部の血管のみに血液が多く流れるという状態が改善されるのです。これにより、それまではあまり使われていなかった血管にも血液が流れるようになれば、下肢静脈瘤は目立ちにくくなっていきます。

硬化剤の注入やレーザーで

ある程度進行している下肢静脈瘤の場合、硬化剤の注入またはレーザーの照射による治療がおこなわれます。下肢静脈瘤に硬化剤を注入すると、その血管は硬くなり、血液を押し流すことができなくなります。そしてレーザーを照射すると、熱によって血管は収縮し、やはり血流を保つことができなくなるのです。つまりこれらの治療によって、下肢静脈瘤の原因となっていた血管は、機能しなくなるわけです。すると血液は、しっかりと機能している他の血管を選んで流れるようになり、それによって下肢静脈瘤は改善されていきます。いずれも比較的手軽な治療で、日帰りが可能となっています。しかも治療によって大きな傷跡が残るという心配もないため、多くの人が積極的に受けています。

横断的な診察が可能です

診断

平野区の病院では総合内科を設置してチーム医療に取り組んでいます。総合内科では専門の科では原因の特定が困難な症例などを各科の医療チームが連携して原因の究明にあたっています。また平野区の病院では総合内科のスケールメリットを生かし、セカンドオピニオン外来などにも積極的に力を入れています。

もっと読む