在宅での看取りを実現|治療で下肢静脈瘤を退治|信じることが大事

治療で下肢静脈瘤を退治|信じることが大事

ナース

在宅での看取りを実現

患カウンセリング

対象になる人は限定

医師が家に行き診察することを昔は往診と言っていましたが、今は在宅医療と言われています。在宅医療は、昔の往診にあたる医療行為であり、病院へ歩いて行けない人の為の医療サービスです。この在宅医療を世田谷区で受けることができる人は、何らかの理由により車いすや寝たきりになってしまった人・ガン末期患者・重度の認知症の人たちです。しかし、在宅医療の制度が世田谷区にあることを知らない人も多く、知っていても無理だろうと諦めてしまう人も数多くいます。この制度の適用を受けることができるかどうかは、かかりつけ医や病院の連携室職員、またはケアマネジャーなどに問い合わせて確認するようにしましょう。世田谷区役所に問い合わせることで疑問が解決する場合もあります。

制度を活用することで

在宅医療をお願いすると高額な医療費がかかるのではないかと心配する人もいますが、その点は公的な制度を活用することで乗り越えることができます。在宅医療を支える公的な制度には、介護保険制度や障害福祉サービス、または世田谷区の独自の制度があります。公費負担医療制度も利用できますし、生命保険に加入しているなら生命保険会社の保障を受けることも可能でしょう。これらの制度や保険をしっかりと活用することで、経済的負担を抱え込むことなく在宅医療を受けることや続けることが可能です。また、この在宅医療制度を受ける場合には家族が就業しているかどうかは対象外となっているので、仕事を辞めることなく在宅医療を受けている家族を支えることができます。まずは、どのような公的な制度を活用することができるのかを調べてみることが大切です。