横断的な診察が可能です|治療で下肢静脈瘤を退治|信じることが大事

治療で下肢静脈瘤を退治|信じることが大事

ナース

横断的な診察が可能です

診断

一般的に原因がはっきりとしている病気の場合には、専門の科で治療を行います。例えば髪が突然に抜ける円形脱毛症の場合は、皮膚科で治療を行うといった具合です。通常であればそのまま皮膚科で治療を受け続けるだけでよいのですが、ときには円形脱毛症以外にも様々な症状が同時に現れる場合もあります。円形脱毛症の症状は「脱毛以外の症状はない」とされているので、脱毛以外にも不明熱が続くなどの症状がみられる場合は、皮膚科だけでは判断できなくなります。どれほど医師に体調不良を訴えてみても「円形脱毛症とは関係がない」と言われてしまえば、患者は途方に暮れてしまいます。このように一般的な症例とは異なるケースに直面した際は総合内科で相談しましょう。

平野区の病院では様々な症例を横断的に診察する総合内科を設けています。総合内科ではそれぞれの専門の科だけでは判断が難しい症例なども、各科の医師が連携することで総合的に判断することが可能となっています。問診では現在の治療内容の確認をはじめ、過去の病歴や服用している薬の内容などを確認し、血液検査やMRIなど様々な検査を行って体調不良の原因を探ります。これらの情報をもとに総合内科では、各科の専門医があらゆる可能性を考慮しディスカッションを重ねることで原因の特定を行います。これにより体調不良の原因がはっきりとした場合は、主治医と相談して新たな治療方法や投薬方法などを再検討することができます。また平野区の病院では総合内科のスケールメリットを生かし、平野区以外の方でも気軽に利用することができるセカンドオピニオン外来も積極的に推進しています。大阪周辺に住んでいる方で複数の症状で悩んでいる方やほかの病院でも診察を受けてい見たいと考えている方は、横断的な診断が可能となっている平野区の病院が設置している総合内科を受診してみましょう。