胆管に出来るがんを治療|治療で下肢静脈瘤を退治|信じることが大事

治療で下肢静脈瘤を退治|信じることが大事

ナース

胆管に出来るがんを治療

病室

病気の特長や症状を知る

胆管がんは胆管内側の表面を覆う粘膜に悪性腫瘍が出来る事で、胆管の部位によってそれぞれがんの名前が異なります。胆管がんが発育するには様々な方法があり、肝外胆管がんで多く見られる浸潤性発育や、胆管の内側に向かって膨らむ胆管内発育、腫瘍が固まって大きくなる腫瘤形成性発育などがあり肝内でできるか肝外で出来るかによって発育の方法も異なります。胆管がんの症状として、血液中のビリルビン濃度が高くなり目の白い部分や皮膚が黄色くなる閉塞性黄疸があります。便の色が白っぽくクリーム色になる白色便や、血液中のビリルビン濃度が高くなって尿の色が濃くなる横断尿があります。黄疸が出る事によって皮膚がかゆくなる事もあり、みぞおちや脇腹に痛みが出るなど様々な症状があり早期発見につなげる事が大切です、

早期発見をする事が大切

胆管がんを治療する為には、出来るだけ早い段階で発見する事が重要で、悪質ながんでも早期に治療する事で改善させる事が出来ます。早期発見する事が難しいとされる病気である胆管がんを早期に発見する為には、毎年の健康診断や人間ドックを受ける事が大切です。毎年の健康診断や人間ドックによっても確実に発見することは難しいので、いくつかの検査を組み合わせる事が必要です。検査結果の数値を把握しておく事が胆管がんの発見に繋がる事も考えられ、数値の異常や大きな変動が無いかを確認する事が大切です。胆管がんになりやすい人の特長として、脂っこい物を良く食べる人や野菜不足や運動不足、肥満の人や出産回数が多い人がなりやすいとされており注意する必要があります。